メリマンのファンです。一時ブログを閉鎖してました。申し訳ありませんでした。時間的に精神的にちょっと余裕ができました。世の中の変化が凄過ぎです。メリマンにもとづき株式投資や世界の変化を考えてみたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、メリマンはフォーキャスト2010でNYダウについて以下のように
書いてます。

「2010年の後半から2011年初めにかけて史上最高値をつける可能性
がある。次に再度急落して23ヶ月のボトムをつけるだろう。

その時期は2010年3月~12月の間である。理想的には2010年10月
~11月である。2010年に再度パニックが起こる可能性は排除できない。

これらは過度のスペキュレーションにより、バブルをもたらすアスペクトである。
その後は極めて厳しい売り浴びせに見舞われる。これらのアスペクトは2011年
初めにも再現するだろう」

NYは金融緩和でイケイケドンドンとなっているようですね。さすがにNYの
史上最高値は無理そうですが、インドネシアは史上最高値、インドや
ブラジルはもう一歩まで行ってます。

デフレから抜け出せない日本、デフレは嫌だ~ともがく欧米、インフレや
投資の加熱を押さえたい新興国。

HIT株式教室さんも87年のブラックマンデー時期に似てきたと書いてますけど、
中間選挙が終われば何か嫌な予感がしますね。

BlackMondayDow30.png

87年に起きたブラックマンデーで欧米はマネードバドバとなります。
日本株は一番回復が早かったけど、金融引き締めのタイミングが遅れ
バブル経済へと突入していきます。

メリマンは天王星が本格的に牡羊座に入居する2011年3月~2018年
5月に、株式バブルと商品バブルを予測しています。

そのためには・・ボチボチ、ブラックマンデー級の事件が勃発し、先進国の
マネードバドバが常態化し、新興国や商品やニューテクノロジーに流れ込む
んでしょうか?

もちろん・・・我々は評論家ではありません。買う・売る・休むと自分の
ポジションを決めないといけません。

たぶん世界中同じ傾向と思いますけど、みんなブツブツと文句ばっかりなの
です。ツィッターでみんなブツブツと文句ばかりなのです。
ブツブツブツブツ・・・ストレス発散に良いかもしれないし・・・ストレスを
小出しに発散することにより世界大戦を回避できれば素晴らしいことです。

政治家もメディアも学者も言論も・・ほとんどブツブツブツブツ「つぶやき」
程度になり下がってます。

不肖ケタは密かに先物ミニを売っているのです。失敗したら・・・ブツブツ
ブツブツ・・・と愚痴をつぶやくだけですね。では、また。



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/10/31 14:46】 | 相場
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。